日の出・月の出

日の出・月の出

日の出・月の出

雄大な海よりいでる日月の神秘

どこまでも広がる海に一直線の水平線が海と空とを二分する。
一日の始まりを告げるあかね色の朝日、そこにあるすべてをみごとに染め上げる夕日、海に一筋のキラキラと輝く光のカーペットを敷く月。月に負けじと輝く星々。

まばゆいほどに美しい暁光・日の出

一日の始まりを告げるあかね色の朝日

日立の名は、水戸黄門でも知られる徳川光圀が隠居後神峰山に登り、朝日が昇ってくるのを眺め、その光景が領内一だと言ったいう話より、日立村という名が付き、現代に至ったという説があります。
当館から見た太平洋の日の出は、まさに光圀が見た日の出の美しさを実感していただけるものと思います。

美しき日が昇る日立の夜明け

きらきらと星がまたたくきれいな夜空が広がる早朝に外の空気を吸いに扉を開く。
やがて、目の前に広がる海原から、夜の帳を切り裂いて明るく輝く太陽が姿を見せると、あたり一面が命を吹き込まれたかのようにきらめき始め、あたたかい光に包まれる。
清涼な空気に冴えわたる太陽の輝きが広がり、草木は青々と息づいているかのよう。

そんな神秘的な光景を目にすると、
一日がいつも以上にかけがえのないものに思えてきます。

雄大な海からのぞく日の出を、ぜひ眺めてみませんか?

朝の光を浴びてシラス漁に出漁する船

朝霧が立つ久慈浜沖を望む

朝の水木浜の、きらめく海面

優しい癒しの光・月の出

海に一筋のキラキラと輝く光のカーペットを敷く月

月は太古から地球とともに存在していました。
月の満ち欠けから暦 ─ 太陽暦 ─ は作られ、月を読むことは暦を読むことでありました。

神秘なる夜のひと時

はぎ屋旅館から眺める月は別格です。
澄み渡った空気の中に浮かび上がるこうこうと輝く月――。
淡く柔らかい光を放つおぼろ月に照らされる山々。
細い三日月が照らす海のさざめき。

お食事の後、お風呂上がりなど、
空を見上げるとお月さまと目が合うかもしれません。
日々形を変えていく月の姿も、はぎ屋での思い出の一つに残しておくのもいかがでしょうか?

お風呂付き客室から眺める月の輝き

月の出

煌々と輝く月

月のカレンダー

名月や 海をめぐりて 夜もすがら

見上げれば思わず口元が緩むまんまるお月様、幻想的な雰囲気のおぼろ月、美しい曲線の三日月・月は私達の心にたくさんの「想い」をプレゼントしてくれます。
私どもはぎ屋旅館では、その日その時しか見ることのできない、お客さまだけの月を大切にしています。
お客さまの素敵な旅の調味料になれば幸いです。

現在()
◎日
月齢:◎日

※カレンダーの月齢は、簡易的な計算で生成されており、若干の誤差が生じる場合がございますので予めご了承ください。