日立沖は、暖流と寒流が交わり、栄養がとても豊かな漁場として広く知られています。
そのために、一年を通じて様々な海の幸を味わうことができます。

当館にお越しの際にはぜひ、旬のおいしい料理をご堪能ください。

茨城の沖は暖流と寒流がぶつかっています。
このように海流がぶつかっているところを潮目(しおめ)とよびます。 漁師さんにとってはこの潮目が良い漁場となります。
寒流と暖流両方の魚種が来遊するとともに、 北部の岩礁域には、磯魚が、南部の砂浜域には二枚貝が生息するなど、さまざまな水産資源に恵まれています。
このような好条件に恵まれたおかげで、美味しい海の幸が豊富な海となっているのです。



アワビ漁


シラス漁

会瀬漁港
定置網(県内で唯一) 通年通してアジなどが上がるが、まれに本マグロがかかることも


久慈漁港
日立では一番大きな漁港 常陸ものの様々な
魚が水揚げされます

常磐もの代表「口福あんこう」は日立のブランドで、吊るし切りが伝統の調理法です。
あんこうは、日立沖あいで捕れる秋から早春にかけてが旬でとなります。あんこうは残すことなく食べられ、栄養補給に最適の魚として、広く知られています。
冬は、からだの芯まで温まる”あんこう鍋”日立の誇るあんこうで作る、当館自慢のあんこう料理を是非ご賞味ください。

プラン一覧ページへ

はぎ屋旅館

ご予約プラン一覧